多汗症は運動不足の賜物!悪い汗を良い汗に変える!


HHUM_001
多汗症は運動不足の賜物です。
「汗っかき」っていい汗じゃなくて悪い汗をかいている場合が多いです。
たまのような汗じゃなくて、油のような汗?!

 

 

悪い汗だからたくさんの汗が吹き出てくるようです。
例外もあるけれど

 

173920
悪い汗を良い汗に変える習慣も
運動不足を解消するということになります。

 

適度な運動が出来ていれば、
湧き出てくる汗も良い汗に変わってきますよ。

 

悪い汗は良い汗に変えるためには、
運動不足を解消して有酸素運動を基本にして
毎日できる習慣を始めるってことですね。

運動不足が影響すること

認知症は運動不足の症状が影響するのか考えてみた


0-76 (2)s
認知症って運動不足の症状が影響するのか???
考えてみました。

 

認知症になると運動不足になるということはないけど、
運動不足によって脳の働きが弱くなるってことも
無きにしも非ず!ってことです。

 

認知症は、健康的にコツコツ運動していたり、
なにか目標を持って日々の習慣を大事にしている人では、
あまり発症していないような気がします。

 

運動不足はどの程度から運動不足なのか?わからないから
やらないならやった方はがいい!

 

っていう答えになります。

運動不足は改善していくこと

花粉症と運動不足は意外と関連するかもしれない


0-04
花粉症と運動不足は直接関係無いかもしれません。
しかし意外と部屋に閉じこもっている運動不足な人ほど、
免疫力が低下してアレルギー体質になっているのかもしれませんね。

 

まったく関連しないとは言い切れません。

 

アレルギーに対しての免疫が低下しているからこそ
運動不足から体が弱くなっていって

すぐに花粉症などを受けてしまうってことです。
なってしまうと大変ですんよね。

年々、花粉症にかかる人も増えているのも
現代人の運動不足が関係しているのではないでしょうか!

やはり小さな運動からはじめてみて体の土台を作っていったほうがいいですね。

運動不足は影響する

熱中症は運動不足だと起こる外気に慣れるには室外へ飛び出す


177492
熱中症は運動不足だと起こる!
室内での仕事や室内で冷房にあたってばかりいては、
逆に体が芯から冷えていたりして外気に触れた時に

 

一気に水分がでしまうことも・・・

 

さらに水分が出てしまうことから
運動不足によって身の廻りや体力の低下、
運動機能の弱さから紫外線や高温に耐えられずに

 

脱水状態になって熱中症になっていく感じです。
熱中症は運動不足からも関連して発生していく恐れはあります。

 

外気に慣れるには、
程よい運動と室外へ飛び出すことです。

 

外の空気を吸ってアクティブになっていくこと!
カラダを慣らしていくことですね。

運動不足が根本になるのか?

 

不眠症で運動不足は最悪パターンになる恐れ有り


0-63s
不眠症で運動不足というダブルパンチは最悪のパターンになる?
寝られないで運動不足って精神的にもやばいですよ!
最悪のパターンとして「心筋梗塞」を起こしかねない不健康な状況になります。

 

個人差はもちろんありますけどね。
寝られないってことは極度の緊張感が持続しているってことです
そして脳に対しても体の血の巡りに対しても良くないですよね。

 

動脈硬化・・・脳梗塞・・・いろいろ考えられるのも
運動不足は大きく関わります。

 

運動が足りてないからこそ体は疲れていないのに
疲れやすく感じたり、悩みや考えることが多くて夜寝られない!
そして気になるから寝る時間を削ってまで気になっていることを解決しようと

 

悩み考えて結局は、解決できないまま考えることがたまっていってしまうって
そんな負のスパイラルや悪循環に陥ってしまうのです。

 

寝る時間を惜しんでまで行動しても限界があります。
そしてカラダを壊してしまえば!すべてはリセットです。
無理をすれば必ずその結果がカラダの異常としてあらわれます。

 

不眠症で運動不足というのは悪条件として重なる要因です。
まずは運動不足を自覚できるようだったら、

 

程よい疲れを毎日コツコツと自分に与えてみてはどうでしょうか!

  • 歩くことから
  • 軽い屈伸から
  • 背伸びをすることから
  • 階段を使うことから
  • 軽く足を上げることから

小さくできることから目標にして
毎日続けられるように日課にできるようにすることが大事ですね。

運動不足を解消することは!

運動不足が腰痛症状を引き起こすのは座りっぱなし!


0-20s
運動不足が腰痛の症状を悪化させる
「腰の痛み」を引き起こす原因として多いのは、座りっぱなしです。

 

運動不足の中の症状として基本的に多く見られますね。
「腰痛」

特にデスクワーク中心の人には多く見られがちです。
仕事に一生懸命で仕事をどんどんこなしていく人ほど

 

デスクワーク中心の場合は、パソコンに向かってひたすら座りっぱなし!
そんな一定の姿勢が続いているのが現実です。

 

その長時間一定の姿勢がいいわけがありませんよね。
腰や背骨に影響を及ぼしているのは事実です。

 

運動不足にもなって足腰ともに弱くなっていきます。
簡単に始められる対策を取り入れてみてもいいのではないでしょうか!

簡単に始められる対策は、
デスクワーク作業を1時間ワンクールに区分けしていきます。
パソコン作業であっても事務作業であっても電話応対であっても

1時間のうちに座りっぱなしを50分までと制限して行くのです。
そして残りの10分を足腰のストレッチ運動と血流の改善にあてる感じですね。

 

もし10分が取れないようでも
5分でも3分でもいいので息抜きも兼ねて連続的に座りっぱなしから

 

解放を自ら実践していくことが運動不足解消のための取り組み開始になりますね。

運動不足を解消するということ!